Edge Of The Ocean

アクセスカウンタ

zoom RSS 水筒選びが意外と難しい件

<<   作成日時 : 2012/03/23 10:49   >>

トラックバック 0 / コメント 2

水筒探してます。

なんか喉渇いた時ってすでに脱水症状らしいじゃないすか。

歳とるにつれ、水分取らなくてもわりと平気なのが、我ながら不気味に思えてきた。
気づいたときに会社にあるウォーターサーバーからたらふく飲むんだけども、つい忘れるんすよね。
飲まなくても平気だから。
恐らくこれはイカン事じゃないか。なんか最近臭い気がするもんな自分が。ネコのオシッコが臭いのも、ひょっとして一緒じゃないかもしかして?
他人が臭いときは「あクッサッ」でスルーできるんだけど、自分が匂ってるとなると発狂しそうになる。

あれ、水筒の話してたよね。ああそうだ。

だから水分をね。こまめに摂ろうという事ですよ。いつも手元にそれがあれば飲むじゃないすか。たぶん。
てことで水筒を探し始めるんですけども、これがまた難航を極めております。難しいの。


先ず量。1日持たそうと思ったら1リットルは欲しい。  でもデカイ。これが魔法瓶的なものだとおまえは兵器かってくらいデカイのです。おまけに重い。

これが500mlくらいのやつだと、値段も手ごろですてきデザインも多い。でも量が足りない。
量が足りないとコンビニ行って買って足すとかやると、なんか違う気がするのは自分だけですかね?
車の中で買ってきたペットボトルから水筒に移し変える→ゴミ箱にペットボトル捨てる。  ってなんか違和感ある。じゃ初めからペットボトルでいいやんっ水筒いらいんやんってなるさーね。まあ進めようか。


保温性。
軽いのはいい事だ。コンパクトならなお歓迎。しかし現実は違う。

デカイ(保温性あり)モデル → 暖かいのも冷たいのも、長時間そのままの温度で飲める。

軽い&コンパクト(保温性なし)モデル → ペラいアルミ缶みたいな材質で、暑い時はヌルイ。寒い時は冷たい。


はい、上記の問題点を踏まえて「これならまあいいかも知れんし、だめかも知れん。さて困ったぞ」っていうモデルを選んでみた。



まずはスタンレーの水筒。保温あり
アメリカの肉体労働な色と形。自分の業種にすっと馴染んでくる感じで、なんか避けてる。
画像
















最近でた弁当箱セット。いよいよ現場臭い。これ持ったらヘルメット着用が義務付けられるレベル
画像





















なかなかいいのがサーモス。保温ありで形もよく便利そうだが、0.5lと容量少ない。
それじゃあと1lのやつ見るとまた砲弾とか鈍器な感じ。さて困った。
http://www.thermos.jp/product/mag/motion/jmy-501.html
画像
























次はもう日本でもすでに販売している注目の品
banboo bottle(バンブーボトル) 
http://www.bamboobottleco.com/
オシャレすぎるにも程があるぞと一言申したくなる一品。中はガラスでいいかんじ。
県内ではLEBOWSKIさんが扱ってるようです。一度見て見たい。
追記:竹の筒で保温性の有無について興味がある方が多いようです。これぶっちゃけ期待しないほうがいいと思います。
たぶん、「熱いものを入れた時にヤケドしないようにこうなってる」って考え方のほうがしっくりきます。論点ずれますが(笑)
画像
















こっからは完全に保温なしのボトル。サイズといい形といい、豊富です
実はもう、水が飲めればいいやって思ってて、保温性なしの方向に傾いてる。
古くなったらキャンプで使うバーナーの燃料入れとか、オリーブオイル入れにもできそうだとか、もし水筒として使わなくなっても、別の多用があると奥様に文句言われない。これはいいかもしれん。



先ずは代表格のSIGG
http://www.sigg-jp.com/
もう種類たくさんすぎ。キャップの輪っかに指かけると気持ちいいのは俺だけか。写真右のボトル、実際はミルク色でいいんです。NEOSカーゴス国際通り店http://www.outdoor-neos.com/shopinfo.htmlで見かけました。
画像



















続いて

Kanteen(カンティーン)
http://www.kleankanteen.com/japan/
ミルク缶的な感じですな。キャップに使われてるのはバンブー。あれ、おれって竹好きなんだなと気づく。
カンティーンもNEOSにあった。
画像




















実はこの写真のほかに保温ありモデルもあって、それは今ある中で一番かっこいいんじゃあないかなカンティーン。



最後にこんなの。

bobble(ボブル)
http://waterbobble.jp/
中に浄化フィルターが付いてて、300回も繰り返し使えるという、ドラえもんがポケットから出したのけ?って感じのボトル。ただ、飲む時は本体を握りつぶすように飲むとの事で、レビューによれば「出が悪い」という評価。皆さん繊細すぎやしませんか。
画像























て事で記事的には大作になってしまった。もうなんぎ。
水?もう通りすがりの公園で蛇口チューチューして飲むでいいんじゃないかって気がしてきた。

続き。ようやく到達。 かっこいい水筒 G2V ZEROMASS

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カンティーン使ってます!
オシャレ感よね。
保温ありなしでサイズ別に2個づつ(^_^;)
カラーもたくさんでてるが、ステンレス色が一番ですな。
ランチ用にスープいれたりもする。
なっちゃん
2012/03/23 12:48
なっちゃん久しぶりだなぁ

水筒でこんな泥沼にはまるとは思わなかったze
カンティーン持ってんのかーまたよお探したねぇ。人気だもんなー。ステンは間違いないよなやっぱ。

夏は常温の水持って、冬は水とコーヒー入れた水筒の2本持ちでいこうかな。
ところでさ、ケータイに「LINE」てアプリ入れてくれ下さい。
su-su
2012/03/23 13:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
水筒選びが意外と難しい件 Edge Of The Ocean/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる