たまにゃークラシックも、ええもんだよ。

中学の頃に見た佐川急便のCMがきっかけで、クラシックにも興味が向くようになった。

   「走り始めたのは、いつだったか」

このナレーションの後に、曲が一番盛り上がる部分が使われているのだけど、ジャンボジェット機が離陸していく映像と雄大な音楽とで、完全にやられてしまった。

使われていたのはタンホイザーの 歌劇「タンホイザー」序曲 当時この曲名を知るのも、随分苦労したもんだ。
なんせ、画面には”成毛滋 ”ってしか書いてなかったし、最近知ったんだけど、成毛さんて方はギタリスト。
レンタルCD屋に行っても、接点無くて、仕方なくクラシックのCD聞きまくって探し当てた、まさに思い出の曲である。

おかげでいろんなクラシック音楽にも出会う事ができた上、数々のゲームBGMにクラシック音楽が使われてる事も知った。ドラクエなんて「G線上のアリア」を編曲したものだし、チャレンジャーのBGMにはシューベルトの「軍隊行進曲」が使われてた。あれ、なんかファミコンやりたくなってきたぞ。


佐川急便CM












タンホイザー 歌劇「タンホイザー」序曲

この記事へのコメント

陰気なハンス
2015年11月24日 05:24
こんにちは。
クラシックには基本的に興味無いんですが、これはすごいはまってます。
ラップも浪曲系もほとんど聞かないんですが、エミネム「WE MADE YOU」、国本武春「大忠臣蔵~田村邸の別れ」にはまったように、メロディーが美しくて大好きです。
su-su
2015年11月24日 11:10
>>陰気なハンスさん、どもです。
いいですよねーこの曲。ガラス張りの広い書斎に高級オーディオで、お酒飲みながら聴くのが夢です。全く叶えられそうにないですが(笑)

この記事へのトラックバック